不要なトラクターを売りに出そう!|農機具の買取について

高く買取ってもらう方法

ガーデニング

長年使用したトラクターを高値で引き取ってもらうためには、いくつかのポイントがあります。最も大きなポイントとして、車の状態が挙げられます。これはトラクターに限らず、他の重機や自動車や軽自動車などにも同様のことが言えます。大きなキズや故障箇所が1つ入っているだけで大きなマイナス対象となり、買取値がガクンと落ちてしまいます。ただトラクターは工事現場で使われることが多い乗り物なので、どうしても多少のキズは付いてしまいます。買取に出す前に自分である程度キズの補修が出来るのであれば、必ずやっておきましょう。ただ、間違った方法でやってしまうと、余計にキズが広がってしまい、逆に買取値が下がってしまう恐れがあります。自分でキズの補修をする際は、正しい方法で行なうようにしましょう。

トラクターの高値買取のポイントの1つに、「純正品に戻す」というものがあります。トラクターを新品で購入した場合、装備品は全て純正品となっています。購入後に自分の手で純正品を取り外し、社外品を取り付けているのであれば、純正品に戻しておきましょう。どんなに高価な社外品を取り付けていたとしても、基本的に買取の場では純正品の方が高く見積もられるからです。ただ買取会社によっては、社外品を1つのパーツとしてトラクター本体とは別で買い取ってくれることもあります。前もって見積り依頼を出しておけば、そのことについて担当者とじっくり話をすることが出来ます。「どのような方法をとれば高く買い取ってもらえるか」ということを決めた上で買取手続きに入るようにしましょう。